本文へスキップ

フランス留学館はTFC認定フランス留学サポート機関であり、無料でフランス留学をサポートします。

   

リヨンLyon


【県名】ローヌ県(県庁所在地)
【郡】 リヨン郡(郡庁所在地)
【人口】491,268人(2011年)

【気候】
リヨンは西岸海洋性気候と温暖湿潤気候との境界線に分類される。内陸部にあるためフランスの他都市より冬の気温が低いが、全体として寒くはなく、1月の平均気温は3.2℃である。夏は非常に温暖で、7月の平均気温は21.3℃である。降水量は年間通じて十分な量が降るが、冬季が最も乾燥する。

【都市の魅力】

パリからTGVで約2時間のリヨンは、フランスの南東部に位置する都市で、ローヌ=アルプ地域圏の首府、ローヌ県の県庁所在地である。南北ヨーロッパを結ぶ重要な交通の拠点としてローマ時代から栄えてきた。ルネサンスの影響を多大に受け、フィレンツェの町並みに似た美しい雰囲気を持つフランス第2の規模を誇るこの都市には、質の良い食材が各地から集まってくるため、フランス屈指の「美食の都」としても有名で、ミシュランの星が輝くレストランが数多くみられるほか、庶民的なビストロも数多く見られる。活発な商業工業、学術活動により国際都市として躍進している。

【交通機関】
パリからTGVで約2時間。市内の交通として、バス、地下鉄、ケーブルカー、路面電車がある。
【観光名所】
・リヨン歴史地区
・ノートルダム大聖堂
・フルヴィエール
・リヨン・サンジャン教会
・リヨン美術館
・フルヴィエール古代ローマ劇場
・ガダーニュ博物館