本文へスキップ

フランス留学館はTFC認定フランス留学サポート機関であり、無料でフランス留学をサポートします。

   

ナントNantes


【県名】ロワール=アトランティック県(県庁所在地)
【郡】 ナント郡
【人口】804,833人(2007年)

【気候】
ナント、あるいはさらに広くいえばロワール=アトランティック県は温帯海洋性気候である。冬は温暖で最低気温-5℃、最高気温10℃で多雨であり、夏はこれに比べ晴天が多いものの同様に過ごしやすい(最低気温17℃、最高気温35℃)。降雨はしばしばあるが激しいものではない。年間降水量はおよそ820mmであり、これは各年で大きく異る。降雪は滅多にない。


【都市の魅力】

フランス北部、ロレーヌ地域圏の都市である。ロレーヌ工業地帯の主要都市で、東部はフランス最大の岩塩の産地です。鉄鋼、電機、工作機械、繊維、革製品が主要な産業となっています。またアール・ヌーヴォーやフランスの有名な洋菓子マカロンの発祥の地でもある。スタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場がユネスコ世界遺産に登録されている。芸術の街として知られており、6つの美術館がある文化都市である。

【交通機関】
ナントのトラム(路面電車)ナント市内の交通機関はナント都市地域交通会社(SEMITAN)によって運営されている。
ナントのバスは1826年にスタニスラ・ボードリーによって創業された乗合馬車を起源とする。現代では市内路線、郊外路線、ナント・アトランティック空港間の高速バスも運営する。
1875年には馬車軌道(トラム[要曖昧さ回避])が開通し、1911年には電化されて路面電車となった。1958年に一度全廃されたが、1985年に復活した。これは20世紀末から21世紀にかけてのフランスでのトラム復権の第一号である。2009年1月現在で3路線40.1kmが運行されている。なお2006年に開業した4号線は当初トラムとして計画されていたがバス専用レーン方式のバス・ラピッド・トランジットに変更された
【観光名所】
・サン=ピエール・エ・サンタンドレ広場
・ナント大聖堂
・ロワイヤル広場
・グララン広場