本文へスキップ

フランス留学館はTFC認定フランス留学サポート機関であり、無料でフランス留学をサポートします。

   

ペルピニャンPerpignan


【県名】ピレネー=オリアンタル県(県庁所在地)
【郡】 ペルピニャン郡(郡庁所在地)
【人口】116,700人(2004年)

【気候】
地中海性気候であり、冬は温暖で氷点下まで冷え込む日は年4日ほどである。夏は暑くて乾燥するが、北西風トラモンターヌ がしばしば吹き(日に4時間ほど)、夏には新鮮な空気をもたらす。年間平均気温は15.9℃である。夏期の最高気温は30℃を上回る。ペルピニャンのあるルシヨン平野は、フランス有数の暑い地域である。


【都市の魅力】

「フランス領カタロニア地方」の中心都市ペルピニャンはルシヨン平野の中央に位置する。南にはピレネー山脈、西にはコルビエール地方、東には地中海、北にはラバネール川がある。地中海性気候であり、冬は温暖で氷点下まで冷え込む日は年4日ほどである。夏は暑くて乾燥するが、北西風トラモンターヌ吹き、新鮮な空気をもたらす。年間平均気温は15.9℃である。夏期の最高気温は30℃を上回る。ペルピニャンのあるルシヨン平野は、フランス有数の暑い地域である。この街がフランス領になったのは17世紀半ばのこと。それまではスペイン領カタロニア地方の一都市であった。そのためカタロニアの香りが色濃く残る街である。

【交通機関】
鉄道 - フランス国鉄 (SNCF) のナルボンヌ=ポルトボウ線とLGVペルピニャン-フィゲラス線が通る。市の後背地では、ピレネー山中のモン=ルイへ向かうセルダーニュ線が通っている。TGVはパリ・リヨン駅およびリール・ユーロップ駅、シャルル・ド・ゴール空港第2TGV駅からの直通列車が設定されている。TERは、ナルボンヌ、カルカソンヌ、トゥールーズ、モンペリエ、マルセイユ方面の列車が発着する。
空港 - ペルピニャン=リヴサルト空港
道路 - オトルートA9がナルボンヌからバルセロナへと通じている。
貸し自転車 - 2008年2月より、ペルピニャン市の施策により、150台の自転車を集めた15箇所の貸し自転車ステーションが設けられた。
【観光名所】
・マジョルク王宮
・サドーラ川
・サン=ジャン=バティスト大聖堂