本文へスキップ

学校紹介NOtre ÉCOLE





日本で唯一たった1校!フランス語学校と呼ぶことができます。
週1時間~2時間のスクールをカルチャースクールと呼びます。日本で唯一たった1校カルチャースクールの枠を超えてフランス語学校と呼ぶことのできる学校です。生徒の受講平均時間は週15時間~25時間。15倍フランス語に触れていることになり上達の差は明らかです。

5年カルチャースクールで学んだ学生をたった1年で抜かしてしまいます!
勉強が苦手な方も授業に出席するだけで、どんどん差をつけることが出来ます。
  フランス語を話す平均時間 他校との差
平均15時間~25時間/週
15倍速い上達!
他校 平均1時間~2時間/週
15分の1…15倍遅い上達


毎日フランス語に触れるからです。
毎日ネイティブ講師とフランス語を話さなければフランス語をいつまでたっても話すことが出来ません。フランス語会話は自然に習得するのが日本フランス語学校!

3年カルチャースクールで学んだ生徒をたった半年で抜かしてしまいます!
勉強が苦手な方も授業に出席するだけで、どんどん差をつけることが出来ます。
  フランス語に触れている平均時間 他校との差
平均15時間~25時間/週
15倍速い上達!
他校 平均1時間~2時間/週
15分の1…15倍遅い上達


毎日フランス語漬けなのに安いからです。
毎月数万円を週1時間~2時間のレッスンに支払っていませんか?日本フランス学校は定額で教室に通いたい放題だから無駄遣いすることなくフランス語上達!

1年カルチャースクールで学んだ生徒をたった3ヶ月で抜かしてしまいます!
勉強が苦手な方も授業に出席するだけで、どんどん差をつけることが出来ます。
1時間の平均価格 他校との差
1時間90円~
16倍も安い!
他校 1時間1500円~  
16倍も高い


全クラス出席生徒数を平均すると3名~8名の少人数制だから発言を沢山してフランス語会話をするからです。
大人数でのレッスンを受けていてフランス語会話がまったく出来ないことに悩んではいませんか?日本フランス語学校では、入学者数を制限することで少人数のクラスを保っています。

少人数制で毎日発言することで会話力にも歴然の差が!
勉強が苦手な方も授業に出席するだけで、どんどん差をつけることが出来ます。
  フランス語を話す平均時間 他校との差
平均15時間~25時間/週
15倍速い上達!
他校 平均1時間~2時間/週
15分の1…15倍遅い上達


フランス人ネイティブ講師だけだからです。
日本フランス語学校は、フランス留学を日本で実現した教室!もちろん、講師はネイティブだけだから発音や文法、資格試験にも最適!

留学生と同じぐらいのペースでフランス語が話せる!
勉強が苦手な方も授業に出席するだけで、どんどん差をつけることが出来ます。
講師情報 他校との差
フランス人講師だけ
100%フランスのフランス語を習得!
他校 日本人講師あり+フランス国籍以外(ベルギーやスイス、アフリカ)の講師あり
他国のフランス語習得の可能性あり


入門クラスではきちんと基礎を学ぶ授業。
日本フランス語学校に入学される生徒様は様々な方がいます。その中で「他のフランス語教室に通っていたけれども、まったく授業についていけず基礎を学べずリタイアしてしまった」といった意見を多くいただきます。日本フランス語学校では入門クラスの生徒さまに優しい授業を行っております。そのため、継続率が高く学生は楽しくフランス語を続けています。

ゼロからフランス語を開始される方も安心して上級フランス語を目指せます!
一度リタイアしたフランス語も日本フランス語学校で再チャレンジ!
入門クラスレベル 他校との差
入門クラスは解りやすく基礎をしっかり!
フランス語継続
 他校 ついていけない。他の生徒のレベルに合わせていてまったく入門レベルとは言えない。  
フランス語リタイア


忙しくてもビデオと通信システムでサポートがあるからです。
参加できない授業はビデオで確認できるのも日本フランス語学校の上達の秘訣!授業に出席するだけで、ネイティブと自然にフランス語を聞いて話すから、勉強嫌いの人でもフランス語会話を簡単に習得できます!

サポートが充実しているから忙しい人でも仏検1級まで取得が可能!
勉強が苦手な方も授業に出席するだけで、どんどん差をつけることが出来ます。
ビデオの有無 他校との差
授業に参加できない時はビデオで授業確認
15倍速い上達!
他校 休んだらお金の損  
お金を大切に


オリジナル教材やプリントを使用しないからです。
オリジナル教材やプリントを配布している教室は、進みの遅さを隠すためであると昔から言われています。オリジナル教材ではいつまでたっても自分のフランス語の進み具合が分からなくなり、資格や検定に合格しない方が多いです。他校オリジナル教材をすべて終えても日本フランス語学校の入門クラスから開始となります。日本フランス語学校ではフランス語学学校で使用されている教科書を使用して授業を行うから、資格検定にも対応しています。

オリジナル教材・プリント配布は行っていないから安心!
勉強が苦手な方も授業に出席するだけで、どんどん差をつけることが出来ます。
教材 他校との差
フランス語教育で認められた教材使用
正しいフランス語教育!
他校 オリジナル教材・プリント配布している教室あり  
授業の進みが遅く、同時に習得も遅い。




日本フランス語学校は、日本で唯一の定額制のフランス語教室。定額で、朝から夜まで毎日フランス語に触れられる環境を実現しました!(一部コース除く)フランス語にかかわらず、語学を習得するうえで一番重要なことは、なるべく多くの時間その語学に触れること。日本フランス語学校ではそれが可能です。ほかのスクールでは実現困難なこうした環境は好評を得ており、入学希望者は常に定員を上回っている状況です。

また、日本フランス語学校のカリキュラムは、いわゆるカルチャースクールのそれとは大きく異なっております。フランス語会話を毎日の生活に組み入れること、フランス留学を日本で行うことなど、充実した内容で毎日テキストを進めています。どのクラスも通い放題のため、生徒のフランス語の上達も一目瞭然。「フランス語でフランス人と会話がしたい」「フランスに旅行に行った際にフランス語で現地の人とコミュニケーションをとりたい」といった方にも、十分ご満足いただけるカリキュラムとなっております。


日本フランス語学校でフランス語ゼロからスタート!

フランス語にまったく触れたことない方は入門クラスから開始!フランス人講師による懇切丁寧な解説により、確実に基礎を習得できます!また入門の授業では、未習事項がある生徒に合わせ、詳しく説明いたします。質問も遠慮なくできる雰囲気をつくっていますので、入門の方でも安心して楽しく学ぶことができます。他校に比べ、日本フランス語学校の継続率が高いのは、このような環境に基づくものと自負しております。

3か月後

入門クラスを3か月受講した生徒は、再度入門クラスを受けながら、会話クラスと初級クラスも併行して受講します。このように、一律料金で併行してクラスを受講できるのも、日本フランス語学校にしか行えないシステムによるものです。

6か月後

6か月目は入門クラスを卒業し、初級会話クラス・初級クラス・中級クラスを併行して受講していきます。それまでしっかりと会話基本を学んでいますので、これらのクラスに十分対応できるレベルになっています(もちろん、これだけのクラスを併行するには、かなりの勉強量が必要です)。中級クラスは、新聞記事などの読解や意見交換を行います。まさに実践的といえ、フランスに数年留学されていた生徒さんからも難易度が高いとのお声をいただいております。

9か月後

9か月目は、初級クラス卒業のタイミング!中級クラスをメインに受講するようになります。新聞記事などの読解を通じ、より実践的なフランス語会話の学習に集中していきます。中級クラスでは、政治・経済・社会・文化といった幅広い分野の長文を理解し、論理的に自分の意見を発言できるように、インプット・アウトプットともにバランスよく訓練していきます。中級クラスは語彙力が勝負。辞書を引かずにフランス語文をどんどん読み解いていける、テレビ・ラジオなどのネイティブスピードのフランス語が聞き取れる、自分の意見をフランス語で発表できる、といったレベル到達が目標です。この時期から、フランス語の真の実力が問われていくといってもよいでしょう。

1年後以降

1年後、フランス語の新聞記事、テレビ・ラジオなどを理解する能力を身に付けた生徒は、中級クラスと中級会話クラスと上級クラスの3クラスを併行して受講します。上級クラスでは、哲学書のような複雑な構成の文章を読んでいきます。(日本フランス語学校基準目標到達レベル:DALFC1もしくはDALFC2取得、仏検1級取得)


クラス レベル 受講期間 使用言語
ゼロからフランス語講座 フランス語をゼロから開始する方のためのクラス。6か月でDELFB1+仏検準2級+フランス語学科大学4年分の習得を目指し、この講座を修了すれば初級クラス、中級会話クラスに楽々アクセス!授業は日本語とフランス語で行うからフランス語に初めて触れる方も安心して参加いただけます。※通信での授業となります。 6か月 日本語
+
フランス語
入門クラス フランス語にまったく触れたことのない方を対象

入門会話と文法基礎を丁寧に教えます。入門者がつまづきやすい点を経験豊富な講師がしっかり説明するので、理解が深まり、次の段階(初級クラス)にもスムーズに移行できます。なかでも特筆すべきは、簡単な会話がこのクラスでマスターすることが出来ること!
フランス語
初級会話クラス 基礎会話(入門クラス)を終えている方を対象

日常会話を主としたクラスです。フランス人講師がさまざまなシチュエーションに応じた、生きたフランス語会話を教えます。会話のキャッチボールを繰り返すことで、ネイティブ相手の発話にも慣れ、日常使用する語彙も広がります。会話に自信の無かった方にこそ、ぜひ参加していただきたいクラスです。
6か月 フランス語
初級クラス 日常会話(会話クラス)およびを終えている方を対象

当校では、フランス語を学習するうえで1番重要なクラスと位置付けております。日常会話の他に簡単な専門会話などを詳しく説明していきます。フランス語で伸び悩んでいる方は、あらためてここからスタートするのがおすすめです。
1年 フランス語
中級クラス 日常会話(会話クラス・初級クラス)を習得した方を対象

新聞記事などの長文の読解ができる方を対象としています。このクラスでは、単なる理解にとどまらず、内容についてレジュメにまとめたり、意見交換を行ったりします。政治・経済・社会・文化など幅広い分野で、フランス語で自分の意見を論理的に話すことを目的にしています。自分なりに覚えてきた会話で終始してしまっていた方、討論の場で専門的な単語を使用しての会話ができない方は、ここからフランス語のプロを目指しましょう。
9か月 フランス語
中級会話クラス 中級クラスレベルの方を対象

このクラスでは、フランス人講師がさまざまなシチュエーションに応じた、生きたフランス語会話を教えます。会話のキャッチボールを繰り返すことで、ネイティブ相手の発話にも慣れ、日常使用する語彙もさらに広がります。日常会話以上にもっと様々なジャンルについて詳しく話したり、討論ができるようになりたい方にぜひ受けていただきたいクラスです。
なし フランス語
上級クラス 新聞記事など客観性の高い長文に抵抗のない方を対象 

このクラスでは、新聞記事のように客観性の高い文章の先にある、哲学書などの複雑な構成の文章を扱います。フランス人でも馴染みの薄い内容のため、フランス語力だけでなく、知識と好奇心、洞察力も望まれます。こうした高度な文章に触れ、討論をしていくことで、フランス語の総合力を完成に近づけていくことができます。DALFをすでに取得した方、翻訳者・通訳者を目指す方には、おすすめのクラスです。
なし フランス語

サービスの特徴2日本フランス語学校の生徒は、これらすべてのクラスへの参加が可能です(一部コースを除く)。平日は時間帯を変えて、各クラスの授業を行なっております。
また、土日祝祭日にも各クラスの授業を行っておりますので、遅れをとることなく、早い上達を目指せます。 2014年4月より自宅や外出先でも受講できる通信システムを導入しましたので、そちらのシステムも併せてご利用いただけます(パソコンのみ/ビデオコース除く)。
また、授業を録画したビデオを翌営業日(土日祝祭日除く)に配信していますので、リアルタイムでの通学・通信によるリアルタイムでの受講のほか、日時を気にせず録画ビデオでの学習が可能です。






代表挨拶 日本フランス語学校は、東京フランス商事株式会社認定フランス語教育機関として設立されました。DALF取得はあくまでスタートとし、最終的には長文読解およびテレビ・ラジオなどの長文リスニングに対応できる能力を身につけることを目的としています。 初級者や長文に抵抗がある人も、当校で毎日数多くの長文をこなすことで単語力が鍛えられ、いつしか訳すことが楽しくなります。
 知らない単語や表現は、100回聴いても聴き取れるはずがありません。ならば単語と表現を増やせばよいのでしょうか。確かに、単語をひたすら書いて覚えることで聴き取れるようにはなります。しかし、これだけでは訳す能力にはつながりません。皆さんもかつて、知らない単語の下に線を引き意味を記して、長文を訳していった経験があるかと思いますが、この方法では長文を正確に理解するのは不可能です。なぜなら、本当の上級フランス語の文章というのは、辞書に書かれている意味だけでは、正確に訳すことができないからです。
 文章の訳は単語の意味で決まるのではなく、文章全体もしくは前後の文脈で決まってきます。数多くの文章に出会い、数多くの表現を学ばなくては、辞書の意味だけに頼る留学生レベルのフランス語で終始してしまいます。つまり、新聞は読めない、テレビ・ラジオも理解できない、文法書にある外国人向に作られた文章しか読むことができないといった、不十分で偏った能力になってしまうのです。フランス語を勉強する目的を、単に楽しく問題を解くこととせず、あらゆる分野で通用する高度なフランス語を身に付けることと定めるべきです。目的達成のためには、長文の多読多聴、さらにアウトプットといった地道な努力が必要ですが、これを乗り越えることによって、真の実力と自信がつき、社会的な強味にもなるのです。
 授業は決して易しくはありません。しかし、当初全くフランス語を知らなかった生徒であっても、当校で多くの授業に参加し学ぶことで、次第に馴染んでいき、いつしか環境に同化していきます。それは、全くフランス語のできない人が留学して、現地に身を置くことと同じです。当校はこのように毎日フランス語に触れられる場を提供しながら、さらに生徒の高い目的意識を支え、応えていけるよう、日々模索し、より良い環境づくりに取り組み続けています。日本フランス語学校はそんなフランス語学校です。八木淳弥


L’ALFJ est un organisme reconnu par la TFC. Le DALF n’est qu’un point de départ, en effet notre réel objectif est que nos élèves acquèrent les connaissances suffisantes pour comprendre par eux même des textes écrits ainsi que des conversations radiophoniques ou de la vie courante. Les débutants et les personnes relucantes à l’écoute de longs textes peuvent, en venant tous les jours, devenir capables de comprendre et traduire de longs textes tout en s’amusant. Même si l’on écoute plus de 100 fois un mot/expression que l’on ne comprend pas, on ne pourra pas le retenir. La solution serait donc d’augmenter son ‘’stock’’ de mots et d’expressions en écrivant et en écrivant encore… mais même en faisant cela , rien n’assure une meilleure capacité de traduction. Tout le monde a déja souligné un mot ou expression en y insérant la signification. Cette manière de faire ne permet en aucun cas de comprendre parfaitement un texte compliqué de français. En effet, le dictionnaire seul ne permet pas de comprendre toutes les nuances et le sens caches. Le sens d’une phrase ne se définit pas par l’assemblage des mots mais par l’ensemble de ceux-ci. Comprendre le réel sens des mots et expressions est selon nous le plus important. Sans cela, le niveau d’un étudiant s’arrètera à celui d’un élève lanbda ayant passé quelques temps en France, il ne pourra en effet pas lire le journal ni pas comprendre la télévision,la seule chose qu’il pourra faire sera de lire des livres de grammaire faits pour les étrangers.
L’apprentissage serieux du français n’est pas seulement répondre à des questions , c’est surtout apprendre un français utilisable dans n’importe quelle situation. Pour l’acquérir, il est nécessaire de pouvoir analyser et écouter de longs textes/ longues conversations. Une fois obtenu , ce savoir deviendra une force et permettra à n’importe quel élève d’être plus sur de lui. Le contenu des cours n’est pas simple mais meme un élève n’ayant aucune connaissance du francais va pouvoir, en s’habituer et participer activement. Notre école veut permettre à ses élèves, bien qu’étant à Tokyo , de s’approprier la langue et la culture française comme le ferait un étudiant étranger. YAGI Junya


日本フランス語学校

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-15-12
シャトーヒロ2F
(JR原宿駅より徒歩3分)
(明治神宮前駅より徒歩3分)

TEL:03-6438-9175
MAIL:academie@japon-france.com